ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟の皆さん 除雪お疲れ様です 久々登場シゲキングです

NAL.TECもついさっきまで除雪をしてました 雪国の宿命ですね

さてさて、今日のネタは カワサキZ
CATHTKP5.jpg
オークションで手に入れたらしいのですが、マフラー精度が悪く排気漏れをしてます フレームとサイレンサーの隙間が約10cmあいております
この隙間を無理やりなくそうとすると、フランジ側がゆがみ排気漏れ&6mmスタットボルト破損につながります
CA01BYL4.jpg
なので、目立たない腹下の溶接面を一度切断し、角度を修正してから再溶接CAC77WJC.jpg
錆びない様に、耐熱シルバーでタッチアップ
CAIFL72F.jpg
完璧にフレームにストレス無くはまりました
CAF26B0H.jpg

さてさて、スタッドボルトのお話です

旧車には6mmボルトが似合いますね

しかし、『ノーマル6mmスタッドが折れたー』 または、『社外ステンレス6mmボルトがおれたー』

なんてこと結構あったりしますね

そこで、この車両 SCM435 クロモリ製スタッドボルトを装着しております
CAA24P1H.jpg

ステンレスのほうが強いんじゃないの?とよく聞きますが はい、間違いです (クロモリもばかじからで閉めるとおれますよー)

ここで、そのことを書くととんでもなく長くなるので、ネットで『クロモリボルト』で検索してください すみませ~ん 

それと、ボルトがよく折れるとお悩みの方、もう一度マフラー精度を見てみましょう

ちなみにクロモリボルトセット 12セット(96本)作ったのですが、すでに在庫なしです
(要望があれば製作いたします)

さてさて今日もこれから頑張りまーす

雪国新潟 NAL.TECでした~ 
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Nal.tec Express, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。