ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはよーございます 朝っぱらからスネを打ってテンションなシゲキングです

今日は、今作業中のXJR1300のエンジンのネタを少々
PB010109_convert_20081105103547.jpg
エンジンが無事に車体から着陸して、ヘッドカバーを空けたところ、いや~な匂いが

オーバーヒートしてオイルが焦げた匂いいやな予感します
試しに、この状態でクランキング確認。随分、重い感じ。走行距離は結構なはずなのに、随分重い

そして、ヘッドをばらして
PB010114_convert_20081105103647.jpg
オイル下がり発見です。 しかも、吸排気、両方

ピストン、燃焼室、ポート内全てです。オーバーヒートが原因でシールがやられた感じです。

オーバーヒート一番怖いのが、ケース類の熱歪み。

まず、バルブ類をはずして、カムをジャーナルラインに置いて手で回るかどうかの確認。(写真撮り忘れ。ごめんちゃい)
PB020124_convert_20081105103440.jpg
クリアランスの確認。それで、ところどころ廻りが渋いので修正(ひみつ

バルブ廻りは、カーボンを取りポートを仕上げ、ノーマルバルブだけどビッグバルブ仕様加工。

バルブシート当たりもチョイと細工をして、ヘタリにくいエンジンを目指します。
(色んな小細工します。気になる方は、遊びに来てね~)

あと、元々ヨシムラST-1が入っていたけど、スライドカムギヤが入っていなかったので、今回はしっかりとバルブタイミングを取ります(ちなみにNAL.TECは1mmリフトで取ります)
 
そんなこんなで、ノーマル部品加工他、小細工等で走って安心、楽しいバイクライフを全力でサポートします。

ローテクをハイテクに
   MOTOR CYCLE Works NAL.TECでした
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Nal.tec Express, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。